やたか、トキ、シナノスイート


お店の裏にあるツル性の木。
お客様に「これは何の実ですか?」と聞かれましたが、これはサルナシです。
半分に切るとキウイそっくりです。

キウイの原種だそうで不老長寿の実だとか何とか。

今年棚を設置しなかったせいで物凄く繁茂しています。


以前剪定したサルナシのツルで、切った直後にそのままざっくりとしたカゴ編みを作ってみたのですが3年程経った今もお店の片隅に飾られています。
サルナシはとても丈夫で腐りにくいので吊り橋に使われたりしているらしいです。

吊り橋を作ってみたい方は冬に剪定する頃にお声掛けくださいませ!


試験場発表の収穫予定です。

紅玉、ぐんま名月は10月20日頃にはあるかと思います。

やたか、トキ収穫始まりました!シナノスイートも少量。
早速鮮度処理をしました。

長期貯蔵用りんごは5、6年前からスマートフレッシュ(1-MCP)処理をしています。

りんごにエチレンが入る毛穴があるとします。
りんごから出たエチレンが毛穴に入るとりんごは柔らかくなって劣化していくのですが、先にエチレンのそっくりさんで毛穴を埋めてやるとエチレンと結びつくことがなくなるので劣化しにくくなります。
毛穴はないんですが。


ローラーの上にこの板を乗せてりんご箱を積み、満タンになったら奥へ押してやるとスーッと奥に移動する仕組み(園主考案)
収穫してすぐ、密閉空間に入れて24時間燻蒸処理しなければ効果が出ないので、貨物のコンテナが一杯になるまで大急ぎで収穫しなければいけません。

トキ選果の様子。

シナノスイートも摘葉されて赤くなるのを待っています。
あまり赤すぎるのは芯カビになっています。

シナノスイートはお尻から種のある空洞までの部分が締まりが悪く、細い道が出来やすい品種です。

空中をウロウロしている菌がりんごのお尻から種に到達すると、りんごが
「なんだなんだ!何かあった!早くおいしくなって地面に落ちて子孫を残さなきゃ!」
と慌てておいしくなろうとするので他のより真っ赤になります。

進むとりんごの果実が腐ってしまいますが、種のあたりがうっすら黒くなっている程度なら果実に到達していないので、すみませんが芯を取ってお召し上がりください。

油が上がっていて、いやに赤黒いような果実は選果で弾いていますが、全体的にりんごが真っ赤になるほど見極めが難しく、稀に混入する場合があります。

果実まで到達してりんごが腐っていた場合はすぐにお知らせ下さい。交換させて頂きます。

人間も同じように外をウロウロしていますが、この菌は人間をターゲットにしていないため、人間は芯カビにはなりませんのでご安心下さい。

収穫期前に畑を回っている時は
「あのりんご芯カビだな・・・早く食べられるな・・・」と狙っていて大体私たちのお腹に収まります。

シナノスイートは小玉を少しだけ収穫したのでこの土日にお店に出せそうです。

秋田紅あかりの木の下に行くとキレイなピンクが目の前いっぱいに広がって夢のような幸せな気持ちになります。
秋田県南の紅あかりは真っ赤というよりピンク系の赤です。蛍光レッド?

さくらんぼの南陽と同じでピンク系の赤は綺麗ですね!

早く食べたいです!芯カビないかなぁ・・・(笑)

西洋梨のゼネラルレクラークも先日収穫しました。追熟期間があるのでしばらくしたらお店に並ぶ予定です。
桃は極晩生種の西王母、西尾ゴールドが収穫になりましたがあっという間になくなりました。
西王母はびっくりするようななめらかな食感の桃、初なりの西尾ゴールドは超ガリガリ、柿のような食感でした。

来年はもう少し収量取れるかな?

広告

果物いろいろ

さくらんぼ一色だった店内に果物がたくさん並びました。

ウメ、モモ、ブルーベリー、ブラックベリーが出ました。

桃はちよひめ、平成小町、夢美玲です。

紅国見、夏かんろはもうじき収穫になります。

夢美玲はスタッフの玲子さんが買った苗木から予定より数週間も早く熟した桃が実り、調べてもらったけれどそのような桃はなく、園主が夢美玲と名前を付けたレアな桃です。

買った苗木と違うものが生えてしまうケースは極稀にあるようです。

🍉あきた夏丸チッチェ(小玉)、ひとりじめ(小玉)、紅まくら、アカオニすいか(大玉)

が出ました。

チッチェは昨年秋田県農業試験場で生まれたばかりのスイカです。普通大玉スイカは果肉がバリッとしていて小玉スイカは柔らかめなんですが、このチッチェは大玉の食感で今までにない品種です。ぜひ一度食べてみて下さい♪

ウメが樹上で完熟するようになりました。今年は青ウメで梅酒、黄色いウメで梅漬けを漬けてみようと思います。

ちゃちゃっと作ったレシピ↓


簡単に作れそうです(*’▽’*)

🎀お客様に教えてもらった簡単梅みそ

ウメ・砂糖・味噌500グラムを鍋に入れて火にかけてぐるぐる練り練りして梅味噌に。

キュウリに乗せたりホイコーローの味付けに合うそうです。テレビでやっていたそう。

JA秋田おばこさんでこの土日イベントがあるそうでうちからも加工用さくらんぼ、りんご、うめ、すももなど出させて頂きました。今テレビの影響かウメが大人気のようです(*’▽’*)


今年はさくらんぼジャムに初挑戦しました。



つるを取った穴から種が飛び出るように反対側からストローでブスリ!(種はお茶パックに入れてあとで一緒に煮ます。)

お客様に教えてもらったのですが、割り箸よりストローの方が100倍カンタンでした!

タネをとったあとでいきなりポッカレモンをかけてしまいました。そのあと砂糖をまぶし水気出るかなぁと心配しましたが、

翌朝。大丈夫そうです(๑ ́ᄇ`๑)و!このあと煮詰めて完成!真っ赤なジャムが出来ました。

糖度が高いさくらんぼに砂糖を40%も入れたおかげで甘すぎるジャムに…。


グラムは計算してくれないのにお金の計算はしてくれるiPhone。

種取り後527グラムのさくらんぼに砂糖210.8グラム入れました。

スマートフォンに話しかけるといちいちボタンを押さなくても計算してくれるので電卓より早いです(*’▽’*)

園主に教えると「45+7+4+8+16+7+12は?………おぉ〜こりゃいいな!」

冷蔵庫の在庫チェックや植栽図を書く時も音声入力しながらダーっと走れるので重宝しています。


最後の収穫、紅てまり。巨大なのがありました。


写真だと大きさが伝わらないですが実際見ると桁違いの大きさです。こんな大きいさくらんぼは初めて見ました!食べごたえありそう…

試験場の先生にさくらんぼの貯蔵にP-プラスという袋が良いと聞いたのですが日中忙しく電話出来ないので後でメールで問い合わせしてみます。来年までの参考に。


ひつじの毛が汚れてきたので園主と母がひつじ洗い。店番をしながら遠くで見ていたら母がシャンプーでゴシゴシ、園主が高圧洗浄機と洗車ブラシでゴシゴシ洗っている!?なんて手荒な…

様子を見に行くとメメもモモも「メェェ…」とすり寄ってきました。…怖かったようです…

水も滴るいいひつじになったメメが気になるモモ

メメを嗅いでファー!(フレーメン)

ちょっと前に撮影した動画もあげました。

やっぱりヒモで繋がれないのが一番楽しそうです。

先日山内小学校の子供たちがバスで来たのですが、子供たちから丁寧なお手紙を頂きスタッフ一同大喜びでした。また景色やひつじを見に来てね♪