イワシバナとフジ

「イワシバナが咲き始めるとワラビが採れる」とのこと。

このあたりで言う「イワシバナ」とはタニウツギという植物のようです。


山では藤とイワシバナが満開。

園主が「ウメ畑の杉の木がまんずすごいから写真撮ってこい」と言うので行ってみました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

藤があんなに高く!右に写ったりんごの支柱に対してのスケール感…!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

てっぺんまで!

OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

花が咲くまで全く気づきませんでしたが圧巻です(゚Д゚;)直売所の前の広域農道でも高い杉の木に咲く藤の花、イワシ花があちこちで見られました。もう見頃最盛期は過ぎているかと思いますが、来年もきっと田植えが始まる直前あたりで見られるかと思います。

P5260537.JPG

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ホオノキの花が咲いていました。葉っぱも花も巨大です。園内にモワ~ンと花の香りが充満していました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

広域農道で見かけたコブシみたいな花はこれだったんですね~。秋になると15㎝くらいの松ぼっくりのような物体になります。

さて、園内でも変わった花がありました。


巨大なふじの花を発見。今年も10個ほど見かけました。

タイトルのフジは「藤」と「ふじ」をかけました。どうでもいい余談です。


花芽分化の時に葉っぱになるのか花になるのか進路を悩んでいた芽??

色々な品種の仕上げ摘果をしていますが「ふじは摘果がしやすいし、いい木だなぁ~やっぱりふじだなぁ~」とみんな共通意見です。早生品種のファーストレディもつるが長くてぱりーんと小気味よく手で取れますが、りんごの日持ちが悪いのが残念。

摘果バサミだと作業が捗らなくてストレスがたまる!あと少しで手が届くような時だけハサミを使う事が多いです。

じゃあ摘果がしにくい木ナンバーワンは何?というとみんな「シナノゴールド」。

トキも手で取れないほど筋張っていますが、シナノゴールドが一番筋張っている!

ちなみに秋田弁で筋張っていることを「しねぇ」と言いますが「アイヤー!しね!」とか言いながら仕事をしていると誤解されそうですが皆仲良く仕事をしています。


先日フラン病を発見した時の処置。小枝から幹に到達していました…。草付きの土を巻くのですが、若木で枝が多すぎて肥料袋に切り込みを入れろだの土が落ちただのヒモが巻けないだの肥料袋を包帯のようにぐるぐる巻いてみろだの一苦労!園主のアイディアでラップ巻きしたら簡単に…。ヒモも要らなかった。

メメとモモは崖っぷちの草刈り当番。下半分が綺麗になくなっています。カヤは嫌いなようだ、と園主が言っていました。そういえば長〜いのだけ残していきます。

メメは無言で黙々と食べるので仕事の後がキレイですが、モモはおしゃべりが多くあちこちうろうろ食べ回っています。だんだん性格が分かってきました。


警戒心が強いが仕事は真面目。しかし子供からは餌を貰ったり紳士な対応。モモの姿が見えなくなると発狂します(メメさん、男性)※最近さわってもあまり逃げなくなりました。


人が来るとンメェー、人がいなくなるとンンンンンン、好きな草がなくなるとメェーーーー!自分よりかわいがられるのがいると足を踏みならして冷たい目でこっちを見る(モモさん、女性)

今日あまりにも暑くて日影がなかったせいかメーメー鳴くので小屋の裏に連れて行きました。お隣の園地で消毒していたと知らずに、農薬が掛かったらしき場所に連れて行ってしまい、モモが牛のようなウンチをボトッ。

メメは農薬が飛んでこないような少し離れた所に繋いでいたのでポロポロしたフン。モモが小屋に入りたがってあまり草を食べないのでおかしいなと思ったら…その後は食欲旺盛でお腹の調子も戻りつつありますが心配です…

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

母が巨大な蜂の巣を発見したというので行ってみたら蜂の巣というかミツバチのかたまりでした。ちょっとキモチワルイ…なぜだんご状に??りんごの木の隙間の巣が狭すぎて定員オーバーになったのかな?

P5270558.JPG

夕日が落ちる時の絶景。右あたりに見える三角の山が保呂羽山です。

時々カメラを持った方が訪れます。撮影の方はお気軽にお越しください(*^^*)

広告