桃やモモの話

誠に勝手ながら9月2日(土)は午後から営業とさせていただきます。

この日は果樹試験場の年に一度のイベント、参観デーです。
今年もおそらく果物試食コーナーでせっせと助っ人しているので遊びに来てください♩

ガリガリかたい桃『おどろき』が収穫になりました。
おどろき、美晴白桃、阿部白桃がガリガリ3兄弟と呼ばれている桃らしいです。

阿部白桃はうちにはありませんが、美晴白桃はもう少し後で少量出る予定です。

肉質はゴム質で日ごとにバリバリ→カリカリ→ゴニョゴニョした食感になります。

桃は皮のそばが一番美味しいので皮をむいてしまうと美味しいところを棄てることになります。うぶ毛を流水でこすり洗いしてよく落として皮ごと食べるのがおすすめです。

スーパーでよく「桃を押さないでください」という注意書きをよく目にしますが、なぜ桃を押すといけないのか知らない方が多いと思います。

実際私もお店に立つ前までは、桃を押してはいけないと知っていましたが、押された桃がどうなってしまうのか知りませんでした。

3日目くらいからこのように強く押された部分が灰色っぽく変色します。

当然同じように並べていてもこの桃は売れ残り、半額の値札をつけても見向きもされず、私の胃袋に収まりました。

桃は苗木を植えてから2年目で1つ2つ実を付けます。3年目でカゴひとつくらい採れます。
その間も高いお金をかけて年間10回以上農薬散布をし、肥料をまき、剪定をします。

無農薬の桃が病気にかからないで生き残る確率は0%に近いそうです。
逆に、無農薬でも虫や病気に強いのはナスらしいです。
人間だけじゃなくあらゆる生き物に好かれる桃…葉っぱもいい香りです!

そんな困難を乗り切って農家さんが大事に育ててやっと店頭に並んだ桃…押さないでくださいね。

今年のりんごが出ました!
祝、きおう、ファーストレディ、キュート、スイートメロディ、秋田紅ほっぺ。
今年のほっぺは果皮がガサガサになってしまいました。県内あちこちで発生しているらしく、多雨の影響のようです。
秋田に戻ってきてからこんなに雨が多い年は初めてです。皮を剥くとなんともないですが、例年よりもお安くしていますので是非お試し下さい。


すもも、プルーンがたくさん出ました!
【プルーン】
・レッドキュー
小さいから期待してなかったけど美味しい。

・パープルアイ
大粒で食べごたえあり。

両方ともシュガーやベイラーと比べて皮の色が薄いのであまり美味しそうに見えないのですが…おいしいです!

【スモモ】
・ハニーハート
赤い果肉、甘酸バランスがよい。どちらかというと酸味より甘みが強い。

・アルプス王子
甘酸っぱいスモモ。theスモモ。

・スイートかれん
多汁で甘い。

・大石中生(おおいしなかて)
皮が薄い。皮を食べなければとても甘い。

・紫峰
レモン型。甘酸バランスがよい。どちらかというと酸味もしっかり。

もう店頭になくなってしまいましたが昔でいう赤スモモ「ハリウッド」とスイカスモモ「ソルダム」も定番。

ソルダムは皮が緑っぽい頃は見た目が不味そうですが、ガリガリしていて好きです。皮が真っ赤になると果肉が柔らかくなって、私は苦手…
ちなみに桃はガリガリ、バナナは皮が少し青い派です。完熟のもそもそしたバナナは苦手です。好きなりんごは秋田ゴールド、シナノゴールドのような酸味の強いりんごです!

味の好みは人それぞれですので、自分が美味しいと思っていても他の人はそうでない事がありますので試食はなんなりとお申し付けください。

試験場で研修していた頃、交配して育種している品種の食味調査を行うと以前書きましたが、特に渋みに関して全く感じない人、少し感じる人、人一倍感じる人がいるようです。
必ず数人で調査するのですが意見が分かれる事があります。

花の頃人工授粉をしてすぐ袋を掛け、秋に実った実った果実から種を取り、それを植えて数年後に実ったりんごを食べてみるのですが、「軍手の味」のりんごが忘れられません。
一緒に食べた他の人の感想は「勤勉な労働者の味」「おじいちゃんの軽トラの味」とどれも納得の表現力でした。

同じように交配して種を取って植えても、全部違ったりんごが出てきます。最近は実をつける前からDNAで赤いだの酸っぱいだのある程度は予測できるようです。
思惑通り親の良いところを引き継いでくれるとは限らないようです。

あのりんごはどうしたのかなぁ…。


我が家のひつじのメメさんモモさん。
先日仕事が終わって真っ暗な中、いつものようにひつじ小屋に行くと、普段車が来ただけで鳴くモモの声がしない。
おかしいな、園主が小屋に入れずに柵の中に置き去りになっているのかな?と思いつつ電気をつけると…
ひつじ小屋の中のゲートが開きっぱなしになっていてすぐ目の前に無言のひつじが!
外して壁に立て掛けていた窓ガラスが割れている!

誰だー!

普段鼻息の荒いモモが静まり返っている。
こっちを見て立ち尽くしている。

モモだなー!

でもやってしまったものは仕方ない。園主がゲートを閉じなかったのも原因だし…。
「大丈夫だよ」とモモを撫でると怖いくらいひんやりして冷たい。青ざめて血の気が引いた…??

すると、モモの片方の目から涙がポロっと出たんです。ひつじも泣くの…??
とにかくとても反省している様子。

ガラスくらいでそんなに反省するなんて、と思っていたのですが、ガラス掃除が終わって比内地鶏をふと見ると、あれなんだか今日はやけに鳥の顔が赤いなぁ…

鳥のお尻の羽がむしられて血が出ている!!!!

興奮して顔を真っ赤にして、目も真っ赤に充血して、よほど怖い目にあった模様。

誰だー!!

モモがぎゅっと目を閉じて立ち尽くしています。
「あぁぁーーーーーー………なんてことをしてしまったんだろう………何されるんだろう………」と心の声が聞こえて来るような気がします。

鳥も落ち着いてきましたが、モモは餌もほとんど食べずにぐったり。
翌日、柵の中に放牧しましたがふらふらとした足取りでほとんど草を食べずに座ってばかり。
昨日からメェーと鳴かなくなりました。
弱ったモモに近付くとメメが二、三歩下がり何度も激しく頭突きをしてきました。メメはこんなに乱暴じゃなかったのに…

夜に行ってみると小屋の隅っこで座っています。熱もなく鼻息もほとんど感じられずひっそりとしています。お腹を押すとグゥーという声を漏らしました。お腹が痛いのかな?

左腹をさすってやると辛そうにしていましたが眠りにつきました。

明日獣医さんを呼ぼう、と思い翌日…

モモが草を食べていました。思いっきりお腹を下したようでお尻の毛が大変なことに。

食欲は戻ったようで一安心。

夜にお尻のあたりの汚れた毛をハサミでカットしてあげると、私の鼻に鼻をくっつけてきました。元気になってよかったね。

翌日。今日はいつもの元気なモモに戻りました。ストレスで胃腸に負担が掛かったのかな?

ひつじはただただ餌に貪欲であまり頭が良くない動物かと思っていましたが、思った以上に賢かったみたいです!

以上、長くなりましたが最近の販売物とひつじの話でした。

広告

桃と梅


早生のちっちゃな桃、ふくおとめ収穫しました。ネクターのような甘みでおいしい!

肉質は溶質なので柔らかくなります。

とろけるジュルジュルになる桃がお好きな方は、溶質の桃がオススメです。

(あかつき、滝ノ沢ゴールド、美香など)

収穫した日は硬いですが、徐々に柔らかくなります。

大根みたいにかたい桃がお好きな方は、収穫当日の桃かゴム質の桃がオススメです。

(おどろきなど)

硬めの桃がお好きな方は、ややゴム質のまどか、スイート光黄などがオススメ。

桃は好みが分かれますが、私はゴム質派です!!あかつきのようなジュルジュル桃は数日経つと皮を剥いている最中に果汁がダラダラ、腕まくりをしてキッチンの流しで立ち食いするハメになるじゃないですかー!

ゴシゴシとよーーく水洗いして毛を落として、皮ごとバリバリ食べている時が幸せです。

園主「気温が30度になったら梅畑さ行ぐが…アリャー!!!32度になったでーーーー!!ホホーゥ!!」

標高が少し高いから涼しいんじゃないかということで梅畑に行ってきました。

(全然涼しくなかった)

(ちなみにこの翌日は35度になりました。)

梅少し収穫してお店に並びました。

少し渋い梅は梅酒用、青いけどまもなく黄色くなりそうな梅はカリカリ梅漬け用、樹上で黄色くなった梅は生食でも柔らかい梅漬けでもokだそうです。

収穫して数日経つとみんな黄色くなりますが、樹上で黄色くなった梅とは味が全然違うので用途に合った梅をご予約頂けたらご用意致します。

梅の写真を撮るのを忘れました…

草集め。刈った草を羊がバクバク食べていたので集める事に。冬の餌になるかも知れないので慣れさせてみます。

ぎっしり入ったチモシーが2袋で4000円という結構なお値段で、ずっと小屋の中にいたら1週間くらいで1袋食べそうな予感…。(しかも穂と葉っぱばかり食べて硬い茎を食べない)

昔は馬を飼っている人たちは早起きして草を刈って短く切る仕事があったそうです。

切らないとダメなのかな?

元々あるベントグラスやお隣の牧草地から飛んできた種で生えたチモシーやらオーチャードグラスのおかげかいい香りが…

園主「んめそーだ臭いするナァ!」

いや本当においしそう。牧草をお茶にして飲んでみたい。


たくさん集まりました。手袋の中に汗が溜まって水風船のようになりました。

メガネにも汗が溜まって前が見えない><


ここ最近深夜まで残って頼まれたポスター作りをしていました。やっと校正に出せたのでホッと一安心。

今年試験場は60周年を迎えるようです。

別の日にある祝賀会で司会を頼まれたのでその日までにはなんとか美容院に抜け出したい><

あとは今月中になんとか乳がんの検診を…

モモの摘果

モモの摘果をしました!



モモらしくなってきました(*´▽`)


大きさは大体これくらい。

逆さまに実らせない、葉っぱと実がセットになっているものを残す、先端は枝にしたいので先端の実を取る、タバコより太い枝はモモがめり込むので取る、枝の又部分や重みで下がってぶつかる実は取る、という感じで30センチに1個程度実らせます。

モモの摘果で1番頭を使うのが、


1番上のモモのように、縫合線が真ん中にあってぽっこりした実は、このように・・・


!?ヒィィ間違えた!!!


・・・このように、胚が2つ入っています(*꒦ິㅂ꒦ີ)

梅干しの種の中にもある白いアレです。

もう少しでモモは硬核期に入り、胚の周りに硬い殻が出来てきます。

種の中に胚が2つあると種が割れて(核割れ)モモの中に空洞ができてしまいます。


正常な実は6対4の割合で縫合線が片側に寄っていて、大きくてぽっこりしているのは双胚果の確率が高いので落とします。

たまにそんなに大きくないけど縫合線の彫りがやけに深い双胚果や、ぽっこりしているけど正常な実もあるのでモモとにらめっこです。

うーん難しい。

生育は待ってくれないので確実にいいものを残して疑わしいものはどんどん落とすしかありません。

硬核期にはモモに近付くなと言われるほどモモはデリケートです。硬核期になってから大量に実や枝を落とすと、バタバタと落果してしまうらしいです。


お客様にペチュニアを頂きました!

ご友人の園芸研究家、杉井明美さんが育成したグランドカバー用のペチュニアだそうで、「さくらさくら」というお花です。

これまでのペチュニアの常識を覆す、大変画期的な品種で、なんと公共植栽や造園用に利用できるほど強健な品種との事。

一緒に届いた商品の説明を読み、「えーっ!そんなに強いの!?真夏も咲く!?10月まで咲く!?環境が合えば越冬して来春も咲く!!?芝桜のように利用できる!?!?」と一人で大騒ぎ!暖かい所ではもっと長く咲くみたいです。

切り戻しするとさらにぶわぁぁーっと増えるそうです (*´︶`*)

マザー牧場でも杉井さんのペチュニアを植えているらしく、本当に素晴らしい一面ピンクの世界でした!(ネットで検索しました)行ってみたい・・・(*꒦ິㅂ꒦ີ)

こんなに素敵なプレゼント、ありがとうございます!大事に育てます! (*´︶`*)

メメとモモもだんだん環境に慣れてきました!

昨日柵の外から草をあげたらメメがモモより先に近寄ってきてくれたり、頭を撫でても逃げなくなったり大分懐いてきました。

モモは「なんだ押麦じゃないのか」と草を食べてすぐいなくなりましたがメメはじーっと見上げておねだり…。2、3回あげているとモモもやってきて一緒に食べましたが、その後離れるとモモがメメに頭突きをしていたΣ(゚д゚lll)

一番可愛がられるのは私よ!と怒っていたのかな…乙女心は複雑です。

モモ、リンゴ摘花

腸炎になって床に這いつくばっていたら病院に運ばれましたが3日目にしてようやくご飯を食べれるようになりました:(っ’ヮ’c):

皆様健康には充分お気をつけ下さいませ。


昨日で桃の摘花が終わりました。

枝の先端、枝の又部分、上向き、タバコより太い枝に付いた花などなどを取ると・・・


ほとんどの花が落とされます。ピンクの絨毯になりました。実が着いてきたらここから更に落とします。


とてもあまーい桃、美香です。花がびっしり。


さくらんぼの花も満開を過ぎ・・・


もう膨らんでいました。マメコバチがせっせと花粉を運んでくれていました。

このまま花びらが落ちてさくらんぼらしくなって行きます。


プルーンも満開。いい香りです。


王林の花はピンクが濃くてかわいいとスタッフにも大好評。


いよいよふじの摘花が始まりました。昨日地元の中学生がお手伝いに来てくれたのですが頂芽と脇芽を教えるのが難しい・・・

「去年伸びた枝がここからここまでで、その前の年に伸びた枝がここからここまでで・・・去年伸びた枝から脇に出た花は全部落として・・・」

「?」と首をかしげながらも枝をひっくり返したりしながら頑張ってくれました。

私も最初苦労しました・・・木を見て、これは何年前に出来た枝だなんて普通考えないですよね・・・。

そこから更にりんごの重みが掛かっても上向きになる枝の花、長すぎる枝の先の花、枝の又などを落とすのですが、樹勢が強すぎる木はあえてりんごを実らせて負担をかけて木を落ち着かせたり、ネズミにやられたりして弱すぎる木は負担を軽くして回復させたり、と木によって着果量を変えるのでますます難しく・・・。


ひつじの柵も2日掛けて完成しました。

りんごの支柱を切って防腐剤を塗って杭打ち。


板にも防腐剤を塗って電ドリで固定し、横板の間には針金を張っています。

スピードスプレイヤー1台が通れるようにあちこち板が外せるようになっています。

放した数時間後いきなりメメが隙間から脱走したらしく、いきなり離れ離れになってしまってパニックになったメメが柵の外側を、モモが柵の内側をぐるぐる走り回っていたそうです(゚ロ゚)

その日の夜すぐに抜けられそうな隙間を直しましたが、いつか飛び越えないか心配です。

メメとモモの様子はこちら。

リンゴとモモ苗木植え替え

植え付けシーズン到来!毎日汗だくです。

モモを別の場所まで移動させました。

園主があっという間にローダーで土ごと持っていきました。

次はバックホーで切り株引っこ抜き作業です。バックホー歴3回なのでまだまだスムーズに抜根できません。

下げろ!下げろ!と園主が横で指示を出すんですよ。私もそうしたいのは山々なんですが不思議なことに右に旋回してみたり予期せぬ動きをするんですヽ(;▽;)ノ

スタッフにも乗ってもらいました。

私よりも先に上達しそう…


初めてローダーを運転してみたけどローダーの方が単純な動きでした。バックホーの方が複雑な動きをする分、難しい!


植え付ける苗は保水のためにウォーターキープを使っています。高分子吸収ポリマーです。紙おむつの中身らしいです!(=゚Д゚=)


土にウォーターキープをかけて、ネズミ対策で金網で根元付近をガードしました。

苦土石灰とたい肥を混ぜて土を戻します。



一見無事に見えて土の中で根が食べられていた苗…。今年こそはネズミにやられませんように。


スモモのつぼみが膨らんできました。一つの芽に花が3つ入っていますね。

りんごは葉っぱが出てきました。


さくらんぼも花が咲きそう。こちらは月山錦。


園内にマメコバチの巣を設置しました。


モテモテのメスを発見!

花が咲くのが楽しみです🌸

接ぎ木

ふじの接ぎ木をしました。

   
ふじの種を植えてもふじではないりんごが生えてくるので、同じ品種のりんごを増やしたい時は接ぎ木をして増やします。

因みにりんごの木は元々巨木になってしまうそうで、勢いを抑える台木に接ぎ木しないと脚立に登っても届かなってしまうらしいです。

 台木に切り込みを入れて、台木と穂木それぞれ、表皮下のうすい黄緑色の形成層という膜同士がくっついていればOK!
外れないようにテープを巻き、穂木が乾燥しないように薬を塗って完成。

  
私はメデールというものすごーーーく伸びるテープを使いました。昔医療用の検体を取り扱う仕事をしたことがあったのですが、血液などが漏れないように試験管に巻く医療用テープにそっくり。

 0距離からこんなに伸びます!

このままブチッと切れてもまた貼り付けて引っ張りながら巻けば問題ないのでとにかく限界まで引っ張りながら巻きます。

左手で台木をくるくる回しつつ5ミリ分位を引っ張るつもりでちまちま伸ばしては回し、を繰り返すとしっかり固定されます∑d(。´ω`d)

  
極ふじ、コスモふじ。

今年は30本ずつ植える予定です(*´ω`*)

   
昨日は雪が降りましたが暖かくなってきたのでもうすぐスモモの花が咲きそうです!

あと一週間もすれば開花するかも…?

 
モモの花もピンクでとても綺麗です!こちらはもう少し掛かりそう…。

園内の写真撮影は自由です。毎年花が咲く時期になるとカメラを持って多くの方がいらっしゃいます。汚れても良い靴でお越しくださいませ(*´ω`*)