桃やモモの話

誠に勝手ながら9月2日(土)は午後から営業とさせていただきます。

この日は果樹試験場の年に一度のイベント、参観デーです。
今年もおそらく果物試食コーナーでせっせと助っ人しているので遊びに来てください♩

ガリガリかたい桃『おどろき』が収穫になりました。
おどろき、美晴白桃、阿部白桃がガリガリ3兄弟と呼ばれている桃らしいです。

阿部白桃はうちにはありませんが、美晴白桃はもう少し後で少量出る予定です。

肉質はゴム質で日ごとにバリバリ→カリカリ→ゴニョゴニョした食感になります。

桃は皮のそばが一番美味しいので皮をむいてしまうと美味しいところを棄てることになります。うぶ毛を流水でこすり洗いしてよく落として皮ごと食べるのがおすすめです。

スーパーでよく「桃を押さないでください」という注意書きをよく目にしますが、なぜ桃を押すといけないのか知らない方が多いと思います。

実際私もお店に立つ前までは、桃を押してはいけないと知っていましたが、押された桃がどうなってしまうのか知りませんでした。

3日目くらいからこのように強く押された部分が灰色っぽく変色します。

当然同じように並べていてもこの桃は売れ残り、半額の値札をつけても見向きもされず、私の胃袋に収まりました。

桃は苗木を植えてから2年目で1つ2つ実を付けます。3年目でカゴひとつくらい採れます。
その間も高いお金をかけて年間10回以上農薬散布をし、肥料をまき、剪定をします。

無農薬の桃が病気にかからないで生き残る確率は0%に近いそうです。
逆に、無農薬でも虫や病気に強いのはナスらしいです。
人間だけじゃなくあらゆる生き物に好かれる桃…葉っぱもいい香りです!

そんな困難を乗り切って農家さんが大事に育ててやっと店頭に並んだ桃…押さないでくださいね。

今年のりんごが出ました!
祝、きおう、ファーストレディ、キュート、スイートメロディ、秋田紅ほっぺ。
今年のほっぺは果皮がガサガサになってしまいました。県内あちこちで発生しているらしく、多雨の影響のようです。
秋田に戻ってきてからこんなに雨が多い年は初めてです。皮を剥くとなんともないですが、例年よりもお安くしていますので是非お試し下さい。


すもも、プルーンがたくさん出ました!
【プルーン】
・レッドキュー
小さいから期待してなかったけど美味しい。

・パープルアイ
大粒で食べごたえあり。

両方ともシュガーやベイラーと比べて皮の色が薄いのであまり美味しそうに見えないのですが…おいしいです!

【スモモ】
・ハニーハート
赤い果肉、甘酸バランスがよい。どちらかというと酸味より甘みが強い。

・アルプス王子
甘酸っぱいスモモ。theスモモ。

・スイートかれん
多汁で甘い。

・大石中生(おおいしなかて)
皮が薄い。皮を食べなければとても甘い。

・紫峰
レモン型。甘酸バランスがよい。どちらかというと酸味もしっかり。

もう店頭になくなってしまいましたが昔でいう赤スモモ「ハリウッド」とスイカスモモ「ソルダム」も定番。

ソルダムは皮が緑っぽい頃は見た目が不味そうですが、ガリガリしていて好きです。皮が真っ赤になると果肉が柔らかくなって、私は苦手…
ちなみに桃はガリガリ、バナナは皮が少し青い派です。完熟のもそもそしたバナナは苦手です。好きなりんごは秋田ゴールド、シナノゴールドのような酸味の強いりんごです!

味の好みは人それぞれですので、自分が美味しいと思っていても他の人はそうでない事がありますので試食はなんなりとお申し付けください。

試験場で研修していた頃、交配して育種している品種の食味調査を行うと以前書きましたが、特に渋みに関して全く感じない人、少し感じる人、人一倍感じる人がいるようです。
必ず数人で調査するのですが意見が分かれる事があります。

花の頃人工授粉をしてすぐ袋を掛け、秋に実った実った果実から種を取り、それを植えて数年後に実ったりんごを食べてみるのですが、「軍手の味」のりんごが忘れられません。
一緒に食べた他の人の感想は「勤勉な労働者の味」「おじいちゃんの軽トラの味」とどれも納得の表現力でした。

同じように交配して種を取って植えても、全部違ったりんごが出てきます。最近は実をつける前からDNAで赤いだの酸っぱいだのある程度は予測できるようです。
思惑通り親の良いところを引き継いでくれるとは限らないようです。

あのりんごはどうしたのかなぁ…。


我が家のひつじのメメさんモモさん。
先日仕事が終わって真っ暗な中、いつものようにひつじ小屋に行くと、普段車が来ただけで鳴くモモの声がしない。
おかしいな、園主が小屋に入れずに柵の中に置き去りになっているのかな?と思いつつ電気をつけると…
ひつじ小屋の中のゲートが開きっぱなしになっていてすぐ目の前に無言のひつじが!
外して壁に立て掛けていた窓ガラスが割れている!

誰だー!

普段鼻息の荒いモモが静まり返っている。
こっちを見て立ち尽くしている。

モモだなー!

でもやってしまったものは仕方ない。園主がゲートを閉じなかったのも原因だし…。
「大丈夫だよ」とモモを撫でると怖いくらいひんやりして冷たい。青ざめて血の気が引いた…??

すると、モモの片方の目から涙がポロっと出たんです。ひつじも泣くの…??
とにかくとても反省している様子。

ガラスくらいでそんなに反省するなんて、と思っていたのですが、ガラス掃除が終わって比内地鶏をふと見ると、あれなんだか今日はやけに鳥の顔が赤いなぁ…

鳥のお尻の羽がむしられて血が出ている!!!!

興奮して顔を真っ赤にして、目も真っ赤に充血して、よほど怖い目にあった模様。

誰だー!!

モモがぎゅっと目を閉じて立ち尽くしています。
「あぁぁーーーーーー………なんてことをしてしまったんだろう………何されるんだろう………」と心の声が聞こえて来るような気がします。

鳥も落ち着いてきましたが、モモは餌もほとんど食べずにぐったり。
翌日、柵の中に放牧しましたがふらふらとした足取りでほとんど草を食べずに座ってばかり。
昨日からメェーと鳴かなくなりました。
弱ったモモに近付くとメメが二、三歩下がり何度も激しく頭突きをしてきました。メメはこんなに乱暴じゃなかったのに…

夜に行ってみると小屋の隅っこで座っています。熱もなく鼻息もほとんど感じられずひっそりとしています。お腹を押すとグゥーという声を漏らしました。お腹が痛いのかな?

左腹をさすってやると辛そうにしていましたが眠りにつきました。

明日獣医さんを呼ぼう、と思い翌日…

モモが草を食べていました。思いっきりお腹を下したようでお尻の毛が大変なことに。

食欲は戻ったようで一安心。

夜にお尻のあたりの汚れた毛をハサミでカットしてあげると、私の鼻に鼻をくっつけてきました。元気になってよかったね。

翌日。今日はいつもの元気なモモに戻りました。ストレスで胃腸に負担が掛かったのかな?

ひつじはただただ餌に貪欲であまり頭が良くない動物かと思っていましたが、思った以上に賢かったみたいです!

以上、長くなりましたが最近の販売物とひつじの話でした。

広告

就農しました!

果樹試験場での2年間の研修が終わり、ようやく就農しました!

初歩的な専門用語から一年の栽培管理や地域の様々な農業関係の視察、経営についてなど様々なことを学べて本当に有り難く思います。

研修2年目から1年間プロジェトを組んで発表するのですが、私は葉とらずふじをプロジェトテーマにしました。

果樹試験場、農業試験場、畜産試験場から研修生が1名ずつ代表に選ばれ、合同修了式で代表3名が発表するのですが、果樹試験場の代表に選ばれてしまいました。

あがり症で人前で話すことが苦手だったのですが、あんなに大勢の前でプレゼンをする事になるとは思いませんでした。おかげで向こう10年分くらい汗が出ました。

大阪でDTPデザイナーをしていた時に凸版印刷の下請けの会社で生協のカタログの仕事に携わっていたのですが、デザインの仕事は「1秒で雰囲気を伝える」事が要求されます。ややこしい、分かりにくいと感じると大体の人は面倒になって読み飛ばしてしまいます。よくわからないものは買ってもらえなくなるようです。確かに…。

後日プロジェト発表の内容をブログにあげようと思います。

プロジェト担当の上田部長をはじめ、果樹試験場、関係機関の方々には大変お世話になりました。今後もお世話になりますが、よろしくお願いいたします。
さて、就農一発目の仕事は…!


枝拾い!地味に見えますが足場の悪さとスピード勝負で猛烈に汗だくになります。向こう5年分くらい汗が出ました。

スタッフの玲子さんと二人で行いましたがやはり手作業で田んぼをやっていた世代は強い…!

うさぎのフンがあちこちにありました。

子供の頃、何か丸くて草のかたまりのような不思議ないいものが落ちている!と思って夢中になって両手いっぱいに集めていたら

父「オメェ、何あづめて来たっけなヨー!!?ソレなウサギの糞だでー!!」

と笑われた苦い思い出が蘇ってきます。


3月31日の積雪は40センチ程度。今年は雪が消えるのが遅いです。

4月1日。今年はネズミの被害が多い!


植えて2〜3年でやっと実るというところで一からやり直し…。今年はかなり植え替えなければいけません。


梅畑に行ってみました。ここは雪が深く園地まで遠いのでスノーモービルで向かいます。


すると…

桃が!

根元がひどい事に…

こちらはうさぎ。荒々しく皮を食べて枝の先端も斜めにスパーンとなくなっています。


芽がー!!


皮が食われた部分にバッチレートを塗って、石灰硫黄合剤を薄めて根元にジョウロでまいてきましたが…皮が木をぐるっと一周食われたものは枯れてしまうとのことなので苗木を注文しました。


実がなるつもりでパンフレット作り直したのに…一部はもう2〜3年後になります…苗木の生存率を見てまた作り直します。

4月4日からさくらんぼの芽かき作業が始まりました。


芽かき前↑


芽かき後↑

これは紅秀峰です。真ん中の葉芽と、花芽二つを残しています。

実る量によって2芽残し、3芽残し、4芽残し、芽かきなしにしています。

この日は園主とスタッフ玲子さんと。母は店番です。芽かきの頃は風が冷たく、指が動かないのですが、寒い日は枝拾い!暖かい日は芽かき!

ところで園主が若い時に大東紡織(現ダイトウボウ株式会社)に出稼ぎに行っていたそうで、長年の夢だったひつじを飼う事になりました。

ちなみに定年退職した男性に人気なのが「紙すき」「糸紡ぎ」「農業」らしいです。

横手のほくとうさんから中古のプレハブを購入し、園主大忙し。

屋根を作る園主。


床に生コンを流しています。壁も何やら細工するようです。ひつじがやってくるまであと3日!

お店の方はりんごがまだまだあります。今はふじ、シナノスイート、青林、はるか、シナノゴールド、秋田ゴールド、トキ、金星、ぐんま名月、秋映、秋田紅あかりがあります。

鮮度処理しているので、もさもさりんごではありません。かたいです。

西洋梨もありますので近くにお越しの際は是非是非寄ってみてください(๑ ́ᄇ`๑)

りんごジュースができました♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昨年はりんごジュースを作らなかったのですが、「今年はりんごジュースはないの?」と聞かれることが多かったため、ハーブワールドさんにある工場にジュースの加工をお願いしました。

工場見学したいという図々しいお願いにも関わらず快くOKを頂き、ガラス越しに見学させて頂きました!

りんごが洗われて別の機械に入って遠心分離機でジュースが出てくる!そして高温でぐつぐつ…!
なるほど、こうやってジュースができていくんですね~(^^♪

ハーブワールドさん、大変お世話になりました!

原材料は「りんご」

以上!…りんご以外入っていません。無添加です。

100%ストレートジュースです。ストレートという単語は何か少しでも入っていると使ってはいけないんだそうです。なるほど勉強になりました。

濃縮還元のりんごジュースしか飲んだことがないという方にこのジュースを試飲して頂いたところ、「今まで飲んでいたりんごジュースとは何だったのか」と、とても気に入って頂けました(^^♪

添加物などを気にしている方、小さいお子様がいらっしゃる方にもおススメです。

単品:1パック 100円
箱入:20パック入 1800円

で販売しております!是非よろしくお願い致します(^^♪

一段落

今年は全然雪が降らないと思いきや、12月26日から一気に降り積もりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お歳暮シーズンにプラスして試験場での農業検定試験やらプロジェクトやら視察研修やらでドタバタして全然更新出来ずにいました。
お店も0時頃までもくもくと作業する毎日が続いていましたがようやく一段落。

シーズン最盛期を迎えるとお店はお客様で大賑わいでした。今年も沢山の方々に足を運んで頂きありがとうございました。

「こごの家のりんごうめぇがらそごさ行って買ってこいどって言われで来たァ!」(※ここの家のりんごが美味しいのでそこに行って買って来なよと言われたので来ました!)
という方がチラホラいらっしゃいました。紹介して下さった皆様、本当にありがとうございました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

14玉サイズ、在庫あと少しで完売です。

葉とらずふじ、まだ選果が終わっていません…。沢山の方に「美味しかったよ!」と言って頂けて本当に良かったです。自分が美味しいと思うものを他の方にも言っていただけると嬉しいものです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

葉とらずふじはまだ沢山ありますので是非!(*^^*)

貯蔵中りんごのデンプンがだんだん糖に変わって、最近甘味が増してきました。

そういえば樹上で糖になれずに蓄積されたソルビトールが水分を引き寄せて蜜になるそうですが1~2℃だか2~3℃で最も蜜が入りやすいらしいです。
収穫後もりんごはずっと呼吸をしているので引き寄せていた水分が少なくなると蜜の部分はだんだん他の果肉と同じような見た目になるとの事でした。

蜜抜けの事は知っていたけれどあの黄色くて透明な部分が普通のりんごと同じようになるというのはずっと疑問に思っていました。
ということは蜜の水分を思いっきり吸ったら普通のリンゴになるのかと思ってやってみたけれどむせかえって呼吸困難になりました。リンゴの呼吸はすごい。

蜜が入っているりんご=美味しいと思うかもしれませんが、実は私、蜜がたっぷり入っているにも関わらず全然美味しくないりんごを食べたことがあります。

以前、ふじの種を植えるとふじが生えてくると思っていたのですが、生えてくるのは名前のない新品種ばかりだそうです。それも大体食べられないようなひどい味のりんごが生まれてくる…。
試験場では新品種を世に出すために交配したりんごを育種しているのですが、こうしたりんごの食味調査があります。

一口食べてこれは危険だと察して飲み込まずに出そうとすると
「もっと味わって!どんな味!?何系!?」
「…!?」
チェックリストに詳細を書かなければいけないので例えまずくても味わって食べなければいけません。
「あ、これはおいし…おい…。?」
「あ、本当だおいし……最後に豆系。」

他の日に食味調査を行った研修同期の仲間の「テントウムシの味」という意味不明な一言が忘れられません。一体どんなりんごを食べたのか…
噂で聞くと「モップ系」「虫系」「胃液系」などといったフレーズが…
二度とやりたくない、と皆口を揃えて言います。

そんな血と涙の苦労を乗り越えて世の中に出てくるエリート中のエリートのりんごたちは素晴らしい!選抜した方々に心の中で敬礼しながら美味しく育てなくちゃ!

 

果樹園の様子

すくすく育っているりんごたちの様子。

春、花が咲く前から摘蕾、摘花、摘果して育てきたのですがこんなに大きくなりました。

 トキの収穫が始まりました。

 
この赤黒いのは秋映(あきばえ)。

千秋のような甘酸っぱい酸味のあるりんごです。

  

一昨年の摘果が遅くて隔年結果してしまい去年全く実らなかった印度…。今年は実を付けてくれました。

  
紅玉、ふじ、などなど。

真っ赤に色づくのが楽しみです。

  
平らな所は作業が楽ですが傾斜地は脚立を掛けるだけでも難儀。

りんごのカゴを持っていると、この坂が登れない!

二年前地元に戻って来た時、ふじの収穫前に大雪が降ったのを思い出します。

脚立が雪から引っこ抜けなくて手首を骨折、片手でりんごもぎを続行するというアクシデントが発生。

誰もが鬼の形相で作業している中、園主は「りんご〜りんご〜りんごはいるか〜〜」とりんごいっぱいのカゴを二つも掛けて猛吹雪の中鼻歌を歌いながらもりもり収穫していました。

。° 。° 。° 。° 。° 。° 。° 。° 。° 。°
。° 。° 。° 。° 。° 。° 。° 。° 。° 。°
。° 。° 。° …(๑`ᆺ´๑)!?  。° 。° 。°
。° 。° 。° 。° 。° 。° 。° 。° 。° 。°
。° 。° 。° 。° 。° 。° 。° 。° 。° 。°
 
 
秋田紅あかりも色付いて来ています。

先日店の横のふじを見ていたお客様が「えっふじって11月!?まだ大きくなるの!?そんなに長い間木にぶら下がっているの!?りんごって大変なんだなぁ…」 と一言。

こちらも「えっ」と思ったけれど、一年中りんごが売っているので都会の方はピンと来なかったのかもしれません。

確かにさくらんぼなんて花が咲いたかと思うともう実がぶら下がっていますからね(ノω`*)

クイズの景品、初日開催分の方に発送させて頂きました。明日2日目の当選者様分を発送致します!

 

何が入っているかはお楽しみに!