ふじの摘花

つがるを何本か切って受粉樹が減ってしまったので、昨日、咲いているふじの人工授粉をしました。


少しは変形果が減るかな?

まん丸なりんごになりますように(•ᵕᴗᵕ•)

マメコバチの巣に花粉を噴射したらハチが花粉を勝手に運んでくれたりしないかなぁ


花の付け根を見ると、枝になろうとしてニョキニョキ伸びているのがあります。あまり味が乗らない青実になるようです。

これはおそらく「ぼくはこれからまだまだ大きくなるぞ!」という成長期の若者で、子孫を残す事なんて考えていないため、ある程度成長が落ち着いてから「そろそろ次の世代を…」と考えるのかもしれません。

あまりにも強すぎる立ち枝はあえて花を取らずに残してみました。これで少しは落ち着いてくれるといいのですが…

そして今日は雨。

花粉が水に濡れた途端膨張してしまうらしいので人工授粉はまた明日!

今日もふじの摘花でした。

摘花のブチッブチッという音がものすごく好きで夢中になってむしっています。

ちなみにひつじが草を食べる時も同じ音がするので癒し効果抜群です(*´ω`*)

ふじの摘花作業の様子がこちら。



園主と2人で1日10本。天候に合わせて着替えたりカッパが役目を果たさなかったりでかなり時間をロスしましたが・・・

そういえば以前書くのを忘れましたが昨年化学肥料を使ってみましたが、ごこく肥料に戻しました。


お値段は高いけれどやはりこちらの方が良いようです。

おいしい果物が育ちますように(•ᵕᴗᵕ•)

広告

接ぎ木

ふじの接ぎ木をしました。

   
ふじの種を植えてもふじではないりんごが生えてくるので、同じ品種のりんごを増やしたい時は接ぎ木をして増やします。

因みにりんごの木は元々巨木になってしまうそうで、勢いを抑える台木に接ぎ木しないと脚立に登っても届かなってしまうらしいです。

 台木に切り込みを入れて、台木と穂木それぞれ、表皮下のうすい黄緑色の形成層という膜同士がくっついていればOK!
外れないようにテープを巻き、穂木が乾燥しないように薬を塗って完成。

  
私はメデールというものすごーーーく伸びるテープを使いました。昔医療用の検体を取り扱う仕事をしたことがあったのですが、血液などが漏れないように試験管に巻く医療用テープにそっくり。

 0距離からこんなに伸びます!

このままブチッと切れてもまた貼り付けて引っ張りながら巻けば問題ないのでとにかく限界まで引っ張りながら巻きます。

左手で台木をくるくる回しつつ5ミリ分位を引っ張るつもりでちまちま伸ばしては回し、を繰り返すとしっかり固定されます∑d(。´ω`d)

  
極ふじ、コスモふじ。

今年は30本ずつ植える予定です(*´ω`*)

   
昨日は雪が降りましたが暖かくなってきたのでもうすぐスモモの花が咲きそうです!

あと一週間もすれば開花するかも…?

 
モモの花もピンクでとても綺麗です!こちらはもう少し掛かりそう…。

園内の写真撮影は自由です。毎年花が咲く時期になるとカメラを持って多くの方がいらっしゃいます。汚れても良い靴でお越しくださいませ(*´ω`*)