やたか、トキ、シナノスイート


お店の裏にあるツル性の木。
お客様に「これは何の実ですか?」と聞かれましたが、これはサルナシです。
半分に切るとキウイそっくりです。

キウイの原種だそうで不老長寿の実だとか何とか。

今年棚を設置しなかったせいで物凄く繁茂しています。


以前剪定したサルナシのツルで、切った直後にそのままざっくりとしたカゴ編みを作ってみたのですが3年程経った今もお店の片隅に飾られています。
サルナシはとても丈夫で腐りにくいので吊り橋に使われたりしているらしいです。

吊り橋を作ってみたい方は冬に剪定する頃にお声掛けくださいませ!


試験場発表の収穫予定です。

紅玉、ぐんま名月は10月20日頃にはあるかと思います。

やたか、トキ収穫始まりました!シナノスイートも少量。
早速鮮度処理をしました。

長期貯蔵用りんごは5、6年前からスマートフレッシュ(1-MCP)処理をしています。

りんごにエチレンが入る毛穴があるとします。
りんごから出たエチレンが毛穴に入るとりんごは柔らかくなって劣化していくのですが、先にエチレンのそっくりさんで毛穴を埋めてやるとエチレンと結びつくことがなくなるので劣化しにくくなります。
毛穴はないんですが。


ローラーの上にこの板を乗せてりんご箱を積み、満タンになったら奥へ押してやるとスーッと奥に移動する仕組み(園主考案)
収穫してすぐ、密閉空間に入れて24時間燻蒸処理しなければ効果が出ないので、貨物のコンテナが一杯になるまで大急ぎで収穫しなければいけません。

トキ選果の様子。

シナノスイートも摘葉されて赤くなるのを待っています。
あまり赤すぎるのは芯カビになっています。

シナノスイートはお尻から種のある空洞までの部分が締まりが悪く、細い道が出来やすい品種です。

空中をウロウロしている菌がりんごのお尻から種に到達すると、りんごが
「なんだなんだ!何かあった!早くおいしくなって地面に落ちて子孫を残さなきゃ!」
と慌てておいしくなろうとするので他のより真っ赤になります。

進むとりんごの果実が腐ってしまいますが、種のあたりがうっすら黒くなっている程度なら果実に到達していないので、すみませんが芯を取ってお召し上がりください。

油が上がっていて、いやに赤黒いような果実は選果で弾いていますが、全体的にりんごが真っ赤になるほど見極めが難しく、稀に混入する場合があります。

果実まで到達してりんごが腐っていた場合はすぐにお知らせ下さい。交換させて頂きます。

人間も同じように外をウロウロしていますが、この菌は人間をターゲットにしていないため、人間は芯カビにはなりませんのでご安心下さい。

収穫期前に畑を回っている時は
「あのりんご芯カビだな・・・早く食べられるな・・・」と狙っていて大体私たちのお腹に収まります。

シナノスイートは小玉を少しだけ収穫したのでこの土日にお店に出せそうです。

秋田紅あかりの木の下に行くとキレイなピンクが目の前いっぱいに広がって夢のような幸せな気持ちになります。
秋田県南の紅あかりは真っ赤というよりピンク系の赤です。蛍光レッド?

さくらんぼの南陽と同じでピンク系の赤は綺麗ですね!

早く食べたいです!芯カビないかなぁ・・・(笑)

西洋梨のゼネラルレクラークも先日収穫しました。追熟期間があるのでしばらくしたらお店に並ぶ予定です。
桃は極晩生種の西王母、西尾ゴールドが収穫になりましたがあっという間になくなりました。
西王母はびっくりするようななめらかな食感の桃、初なりの西尾ゴールドは超ガリガリ、柿のような食感でした。

来年はもう少し収量取れるかな?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中